【東京オートサロン2019】「ATUECH」の次の一手はあの電気自動車がベース?(PR)

あお、青、アオ。日産ブースの、ステージに向かって右半分には青いクルマ4台並んでいます。この4台のクルマは、すべて『AUTECH(オーテック)』というブランドの車両。「オーテックブルー」とかオーテックジャパンの所在地にちなんで「湘南ブルー」と呼ばれるブランドイメージカラーに塗られたAUTECHモデルが4台展示されているのです。

あれ? 市販されている「AUTECH」って2台じゃなかったっけ?……知識豊富で鋭い読者はそんなことにお気づきでしょう。

昨年1月発売された「セレナATUTECH」に続き、7月には「ノートATUTECH」が発売。そして今年の1月に、オートサロンが開催されるのと同時に発表された“第3のAUTECH”が「エクストレイル AUTECH」。ミニバンとコンパクトカーに続き、SUVでもAUTECHを選べるようになったのです。

 

AUTECHのメニューは、ベース車両に対して内外装の個性化&上質化やタイヤ&ホイールのグレードアップがメインですが、一部仕様ではサスペンションやパワートレインの制御にも手が加えられてより次元の高い走りも実現しているのです。

ところで残りのもう1台、青いリーフは何なのか? 実はこのクルマ、参考出品の「リーフ AUTECH Concept」。ドットグリルを左右開口部に組み合わせたフロントバンパーやシルバーのアクセントを組み合わせたサイドステップなど、オーテックのデザインに基づいたスタイリングにカスタマイズしています。ルーフをブラックにした2トーンカラーのブルーも「AUTECH」の専用色。なかなか似合ってますね。

この「リーフ AUTECH」はあくまで参考出品ですが、いつ市販してもおかしくないクオリティ。オーテックのスタッフに聞いても「あくまでコンセプトモデルで市販するかどうかはわかりません」と口が堅いのであくまで個人の印象ですが、市販はそう遠くないように思えます。

市販といえば、東京オートサロンの初日に発表されたのが「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」の開始。「エクストレイルAUTECH」「セレナAUTECH」そして「ノートAUTECH」を購入する人だけのスペシャルプランとして、シートの色や素材、ステアリングの色とステッチをいくつかの設定の中からオーナーの希望にあわせて組み合わせられるんですよ(セレナのステアリングを除く)。ノートやセレナでは標準モデルにはないレザーシート(ノートは人工皮革でセレナは本革)を選べるのも注目ポイント。ちなみにインテリアの張り替えは、オーテックのファクトリーで職人がひとつひとつ丹念に仕立てるというクラフトマンシップの極みなのです。

そうそう、AUTECHといえば「青いエンブレムをつけたAUTECHブランド車(つまり『エクストレイルAUTECH』『セレナAUTECH』『ノートAUTECH』」を写真に撮ってSNSにアップすると抽選でアマゾンギフト券が当たる「青いエンブレムのAUTECHを探せ!」というキャンペーンを実施中。詳細はクリッカーの記事もしくはオーテックジャパンの公式サイトでチェック!

そうそう、東京オートサロンの日産ブースでは素敵な小冊子も配っています。これは会場に行ったら必ずゲットすべし。

(工藤貴宏)