【東京オートサロン2019】市販も検討される「コペンGRスポーツ コンセプト」にはトヨタ版もあり!

東京オートサロン2019のダイハツブースでは、オープン2シーターのコペンをベースにした『コペンGRスポーツ コンセプト』が発表されました。

「GR」はトヨタが展開するスポーツブランドの名称。なんとメーカーの垣根を越えたコラボレーションが実現したというわけです。市販も検討されているとのこと。

驚くのはこれがダイハツだけではなく、トヨタでも販売される前提であるということ。実際、トヨタブースには白いコペンGRスポーツコンセプトが展示されていました。

それではそのカスタマイズ内容を見ていきましょう。

外観ではオリジナルフロントバンパーと専用のブラックインナー・ヘッドランプが目に付きます。

バンパーの右上にはGRスポーツのロゴバッジも入っています。

サイドに回ると専用のゴールドに塗られたBBS・16インチアルミホイールが見られます。専用リヤバンパーとブラックインナーのリヤコンビランプも特別装備されています。

インテリアに関してはレカロシートの表皮がGRスポーツ専用ののものに変わっています。


またメーター盤面にはGRロゴが浮かぶオリジナルものが採用されました。


これまでOEM車が販売されることはあっても車名は異なるものをつけるのが常識でしたが、今回のGRスポーツコンセプトではダイハツでもトヨタでも同じコペンの名前を冠していることが驚き。発売が待ち遠しい1台です。

(写真・動画・文/ウナ丼)