【東京オートサロン2019】ガレージアクティブがBNR32に続き、今年はBCNR33で理想のワイドボディキットを発表! ルックスだけじゃない中身にも注目!

【東京オートサロン2019】ガレージアクティブがBNR32に続き、今年はBCNR33で理想のワイドボディキットを発表! ルックスだけじゃない中身にも注目!

1000馬力かつ、ストリートを見据えた快適仕様!

オートサロン2018では驚きのフルカーボンメイクのBNR32ワイドボディキットを発表して話題を読んだ福岡県のガレージアクティブ。今年繰り出してきたのは昨年のBNR32用が発表されてから要望が多かったというBCNR33用ワイドボディキット。

「去年のBNR32のときもそうだけど、自分で欲しいと思うボディキットがないから、自分で作ろうというのが始まり」と坂本代表が話すように、プレスラインを残し純正の雰囲気を壊さずに作るワイド&ローというコンセプトは一貫している。

それでいて追求するのは、坂本代表がチューニングカーとはこうあるべきと考える、外装だけではなく、それにふさわしいエンジン、足まわり、内装の作り込みがされている全方位で完璧なクルマだ。

フェンダーの出幅は前後片側50mmずつワイド化され、19インチ12.5Jで超深リムなワークジーストをアーチが被るほどまでにシャコタン化。Tディメンドのエアサスシステムを利用しこの車高は展示状態のものだが、それも昨年オートサロン後のBNR32によりエアサス装着車でのドラッグ9秒台という国内では例を見ない記録を打ち立て、実力を示すことができたから。

このBCNR33も例にもれずRB26DETTはHKSの2.8Lキットステップ2と、GTⅢ-5Rタービンにより1000馬力を出力する本気のチューンが施されている。

ガレージアクティブの自社ボディ工場でワンオフされたロールケージのほかに、ナビやエアコンを残した快適仕様としての要素も残され、街乗りまで考えた抜け目のない仕様として完成度を高めている。

ボディカラーはガレージアクティブのイメージカラーのブルーではなくホワイトを採用。昨年発表のBNR32キットを装着したホワイトカラー車両を製作したとき、ブルーとはまた印象の異なるワイド感に仕上がったそうで、より今回のワイドなコンセプトに合うカラーと考えたから。

ただ、単なるホワイトではなく、全体にガラスフレークを大量に使用したオリジナルのホワイトパール仕様。エンジンルームや室内にも使われ、フレーク代だけで10万円にも登ったという贅沢なカラーだ。

今回のBCNR33ワイドボディキットの構成はフロントバンパー/リップ/ディフューザー、サイドステップ、リヤアンダー/スポイラー、ドアミラー、ボンネット、ルーフ。バンパーやサイドステップをカーボン部分とピースを分けて構成しているのは、ボディへ合わせた微妙な曲面を美しくするため。使う型が増え価格は上がるが、どうしてもとこだわって仕上げられた部分だ。