アロンソがキャリアのなかで成し遂げた「F1タイトルよりも大きな成果」とは

 2018年シーズン末でF1キャリアに区切りをつけたフェルナンド・アロンソは、モータースポーツのキャリアで新たな章を始めようとする自身のこれまでの歩みを振り返り、すべての勝利やタイトルをも凌ぐ、とある成果に言及した。

 2度のF1世界チャンピオンであるアロンソが選んだのは、母国スペインにおける2005年のアストゥリアス皇太子賞の受賞だ。科学、人道、公共、スポーツなどの分野で卓越した業績を残した名士を対象とする同賞を贈られたことを、キャリアで最も重要な成果としてあげたのだ。

「自分が成し遂げた最も大きなことは、おそらくアストゥリアス皇太子賞の受賞だろうね。どのF1世界選手権よりも大きな出来事だった」と、アロンソは2018年シーズンのF1最終戦アブダビGP終了後に語った。

「あのような賞では、人々の生活にどれほどの影響を与えたのか、そしてひとつのスポーツにどれほど多くの人の目を新たに向けたのかが問われる。だからその部分が評価されたあの受賞は、僕にとってどんなトロフィーよりもずっと大きな意味を持つんだ」

 アロンソがグランプリレースで挙げた32回の優勝と2度の世界タイトル獲得は、間違いなくスペインにおけるF1の認知度向上につながった。2018年シーズン末でのF1離脱を決めた37歳のアロンソにとって、それは非常に大きな価値を持つ。

「とても誇りに思っているよ。時間とともに実感できてきたことだけど、スペイン全体で、そして僕の故郷であるアストゥリアス州で、今では本当に多くの人がこのスポーツを楽しむようになったし、州都オビエドにある僕の博物館にも多くの人が訪れてくれる。ゴーカートでモータースポーツを初体験する人も増えたしね」とアロンソは付け加えた。

「僕の母国では多くの人がF1や、F1に限らずモータースポーツ全般にも関心を持つようになった。それは決して伝統的なことではなかったんだ」

「2001年や2002年にはレースのテレビ中継もしていなかった。2003年の途中から始まったんじゃないかな」

「F1がスペインで2番目か3番目に人気のスポーツになるなんて、以前なら想像もできなかったし、僕はそのことを本当に誇りに思っている」