【東京オートサロン2019】真っ白なインプレッサ STI Sport CONCEPTは内外装に注目!

●新たなボディ&インテリアカラーを採用した「インプレッサ STI Sport CONCEPT」

東京オートサロン2019のSUBARUブースに出展されているモデルの中でも、ひときはまばゆい真っ白なインプレッサSPORTが注目されています。

こちらのモデルは「IMPREZA STI Sport CONCEPT」と名付けられた参考出品車。これまでのSUBARU車にはない純白のボディカラーはジェットホワイトと名付けられた白で、従来のホワイトパールやソリッドのホワイトともまた異なる輝きを放つ目の覚めるような白です。

このホワイトをベースにルーフ部をブラックとしたツートンカラーがスポーティな印象となっています。

Dピラー上部にはストライプが入っていますが、ドアトリムにも同じようにストライプが施され、インテリアとも統一感を演出しています。

そのインテリアですが、赤を基調とし車体色のホワイトやブラックを差し色に添えコーディネートされています。

シートのパンチングには円錐形に穴をあけることで下地のカラーを印象的に見せる工夫も施されているほか、パンチング部もヘキサゴン形状とすることで、SUBARU車の統一イメージとされているフロントグリルなどを連想させる演出も取り入れられています。

すでに市販されているレヴォーグ、BRZ、WRX S4に設定されているSTI Sportはインテリアにボルドーレッドを採用し、STI Sport共通のイメージとしていますが、新たなインテリアカラーとしてインプレッサSTI Sport CONCEPTのカラーにも注目です。

(井元 貴幸)