【TAS2019中ホール5】クラシカルな作りが渋い! ジムニーのプロフェッショナルが作る最新カスタム|アウトクラスカーズ|東京オートサロン2019現地情報

“ジムニーをよりジムニーらしく”
新型JB64ビンテージパッケージ!

OUTCLASS CARS/アウトクラスカーズ



新型JB64をカスタムしたのは、“超”ジムニー通であるアウトクラスカーズ。ウェブやSNS等で新型の最新情報を発信するなど、全国区でその名を知られる徳島のホットショップ。製作したデモカーは、ボディキットなどのオリジナルパーツのほか、一部市販パーツで構築した、どこか懐かしさも感じさせるこの1台。ビギナーはもちろん、ジムニーマニアも納得のカスタムを内外広範囲に施しており、ほぼこの状態で新車コンプリートとしても購入することができるとのこと。
個々の特徴で目を引くのは、グリルに代表する顔まわり。純正縦スリットが極細の横となる交換型で雰囲気を変えたほか、前後バンパーもオリジナルに換装。写真では質感が判りにくいものの、じつはグリルやバンパー、スキッドバー、オバフェン等は、「ラプターライナー」と呼ぶ荷台の耐久性を高める特殊塗料で塗装した、表面が凸凹した感じのワイルド系と、色にも特徴があり。
気になるリフトは、コイルでの2インチで、ダンパーや前後ラテラル、ステンメッシュホースやスタビダウンブロックなど、リフトアップにあわせ対策すべき箇所も含め、関連パーツも複数。それらは単品だけでなく、工賃込みのセットパックも用意している。
ちなみにデモカーが装着するマフラーやタイヤカバー、キャリアなどはオプションだが、コンプリート時に追加OK。タイヤやホイールのお薦め品も複数ありと、仕様変更にも柔軟に対応してもらえる。

末端のスキッドバーからグリルまで、顔まわり3点はすべてオリジナルだ。注目のグリルは、味わい深い筆記体のSuzukiエンブレムの付属有無を選べる。

台形アーチを崩さず9㎜ワイド化できるオバフェンは、リベット的な窪みも粋。装着アルミはクロスカントリー(16×5.5)。タイヤはTOYOオープンカントリー(225/75)。

ビンテージ系のシートカバーは、2デザイン各3色から選べるオリジナル。ご覧の縦パターンのほかに、横パターンも。色はキャメル、ブラウン、ブラック(2万5000円)。

デモカーは様々なオプション追加でその世界観を一段と高めているが、ご覧のルーフラックもそのひとつだ。写真はショウワガレージ製をワンオフ塗装。

【SPECIFICATION】
●ヴィンテージGグリル/3万9000円、同エンブレム付/4万4000円
●シエラLOOKバンパー/3万8000円
●フロントスキッドバー/2万5000円
●リアバンパー/4万8000円
●オーバーフェンダー/3万8000円
●コンプリート/リフトアップ・スタンダード/24万8000円(工賃込)
●コンプリート/リフトアップ・レーシングアーム付/31万2000円(工賃込)
その他多数有り

[Photos by西野キヨシ Text by 杉山雄二 スタイルワゴン・ドレスアップナビ]