【TAS2019北ホール9】人混みをかき分けてでも見ておきたい!完成度の高さが強烈なヴァルド・ジムニーシエラ|東京オートサロン2019現地情報

東京オートサロン2019現地情報
人混みをかき分けてでも見ておきたいデモカーチェック

本日より開催されている東京オートサロン2019。プレス及び特別公開の今日でさえ、ものすごい人、人、人!一般公開が始まる12日(土)からは例年のごとく、いや例年以上の来客が予想される。どのブースも最新デモカーや新作パーツを見ようとごった返すこと間違いなしだが、その中でもぜひ見て頂きたいクルマを編集部がチェック!ぜひ来場時のご参考に!

これぞ和製チューナーの風格
圧倒的な迫力を放つカスタムシエラ

WALD SPORTS LINE BLACK BISON EDITION/JIMNY SIERRA

ヴァルド スポーツライン ブラックバイソンエディション/ジムニーシエラ

今回の東京オートサロンは、ジムニー&ジムニーシエラの姿が目立つ。中でもジムニーカスタムのプロフェッショナル、エヌズステージブースには、数種類のカスタムジムニーが並ぶ。その中の1台が、日本を代表するチューナーズブランド「ヴァルド」がエヌズステージとのコラボによって仕立てたジムニーシエラだ。すでにCGが公開されていて話題にはなっていたが、実車はどうか。
ヴァルドのスポーツライン ブラックバイソンエディションは、その欧州風味に溢れたスタイリングで人気が高いシリーズ。見てみれば、CG通り、むしろそれ以上と思えるほどの風格を持った強烈なオーラを放つ。前後バンパースポイラーに、ジャパメリカーナグリル、リアルーフウイング、オーバーフェンダーを備え、ホイールもオリジナルとなる専用15インチを開発。マットなボディも渋さを増長させる。さらにヘッドライトにも注目。通常のヘッドライトとして使えるが、リング状のライティングが内部に備わり、ウインカーとして機能するデザインを採り入れた斬新なアイテムだ。今後さらにボンネットスクープカバー、フロントルーフスポイラーが加わる予定。この雄姿、ぜひ一目見るべし。デモカーは北ホール9のエヌズ・ステージブースにあり!

ホイールも新たにヴァルドが開発したヴォルサリノ SUV。15×6.5J-15で、ジムニー専用サイズ。力強いひねりデザインで、オフ系スタイルを街乗りで楽しむユーザーのみならず、本気組にも支持を得そうなタフなデザインだ。

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]