【東京オートサロン2019】市販前提!? 新たなマツダの走りを提案するロードスター「DROP-HEAD COUPE CONCEPT」

マツダ・ブースは、日本初公開で2019年中の発売がアナウンスされているMazda3の注目度が高いのはもちろんですが、市販化を検討しているという「MAZDA ROADSTER DROP-HEAD COUPE CONCEPT」も見逃せない1台となっています。

同コンセプトカーは、日本仕様をベースとし、ソウルレッドクリスタルメタリックをまとい、ルーフにはディタッチャブルハードトップを装着。ハードトップ化により、重量増、重心高の変化などが気になるところではあるものの、カーボン製により重量増が抑制されています。

なお、同コンセプトカーの車両重量は1020kg。ロードスターが990kg〜1020kg、ロードスターRFが1100kg〜1130kgですから、ソフトトップのS Leather Package、RSと同等レベルで、RFよりももちろん軽くなっています。

そのほか、セミグロスブラックのフロントアンダースカート、サイドスカート、リヤスポイラー、牽引フック、LEDバルブ(ライセンスプレートランプ)、ウインカーバルブ(シルバー)などを装備。

足まわりは、16インチアルミホイール(RAYS鍛造)、ホイールナットセットをはじめ、LSD、クラッチセット、フライホイール、エアクリーナー、強化ブッシュなどの専用アイテムが盛り込まれています。

インテリアには、RECAROシート、ドアトリム、デコレーションパネル、センターコンソールリッド、パーキングブレーキ、シフトブーツ、アルミペダルセット、フロアマット(プレミアム)を用意。

ソフトトップのロードスター、リトラクダル・ファストバックのRFに加えて、「DROP-HEAD」という選択肢が加わる可能性が高くなっています。参考出品車両は、レーシーなイメージに仕立てられていますが、快適性を備えた2ドアクーペモデルというニーズにも応えてくれそうです。

(文/写真 塚田勝弘)