【東京オートサロン2019情報】時価500万円の極上FD3S最終型ベースをRE雨宮がフルチューン!

【東京オートサロン2019情報】時価500万円の極上FD3S最終型ベースをRE雨宮がフルチューン!

オークション価格500万円の超極上ベース車を魔改造!

ロールケージはあえて入れずに剛性アップ!

真紅のボディカラーが美しいRX-7(FD3S)はRE雨宮が手がけた最新のタイムアタック仕様だ。

ベースは最終型(6型)の超極上車で、走行距離8000km! オークション価格はなんと500万円! コレクターなら、きっと宝物のように扱うであろう個体を超絶チューニングしてしまうとは…。

「オーナーが購入してそのままウチに預けたんだよね。新車みたいなコンディションだったんだけど、全バラにして補強入れながら仕上げていったんだ。勿体ないと思ったけど、オーナーの希望だからね! ガッツリやったよ!」とは、RE雨宮の雨さん。

その言葉通り、チューニングは凄まじいレベルだ。

エクステリアはRE雨宮のAD-GTキット1を軸に構築。フロントフェンダーは東京オートサロン発表の新作となる片側50mmワイドのニューバージョンを装備。そこに前後18×10J+38のエンケイNT03RRとアドバンA050(265/35-18)をインストールしている。

なお、新作のフェンダーは従来のモデルに比べてワイド幅が拡大されているため、既存のRE雨宮製フロントバンパーと組み合わせると段差が生じてしまう。その辻褄を合わせるために専用のカーボンカナードも用意。この美観への拘りはRE雨宮らしいポイントだ。こちらも販売予定とのこと。

また、ボンネットやリヤゲート、GTウイングは全てドライカーボンによる逸品。リヤウインドウはポリカーボネイド製で軽量化を徹底。

エンジン本体は13Bサイドポート拡大仕様となる。合わせてスロットルボディも拡大され、吸入効率アップを狙う。特徴的なレイアウトのインタークーラーはVマウントを実現するLEVELマンキット。LINKフルコンで綿密に制御し、最高出力は500ps/50kgmを発揮している。

タービンはウエストゲート式のギャレットTO4Zをセット。サイドポート拡大仕様との相性もよく、ピックアップに優れるパワー特性に仕上げられている。

攻撃的なエクステリアとは対照的に、コクピットはストリート然とした印象。ダッシュボードやドアパネルなどはアルカンターラで張り替えられ、シートやフロアマットはレッドで統一。

また、通常サーキットスペックの場合はロールケージで剛性を確保するのがセオリーだが、このマシンはあえて入れていない。サーキット走行に必要な剛性は、RE雨宮独自のスポット増しとパネル溶接で補っているのである。

リヤのラゲッジスペースも全てアルカンターラ仕様となる。ここまで美しく仕上げられたFD3Sは、世界中を探してもなかなか見つからないだろう。

サスペンションはクァンタムのT4LMでスプリングにはスウィフトをセット。ブレーキは前後ともブレンボのレーシングキットを装備する。