【2代目マークX GRMN】V6 3.5Lエンジンに専用6MTをセット。カーボンルーフも用意したファクトリーチューン

●2代目となるマークX GRMNは先着350台限定で価格は513万円

トヨタはマークX GRMNを3月11日から発売すると公表しました。

マークX GRMNはトヨタガズーレーシングがプロデュースするスポーツカーシリーズ『GR』の頂点に立つ数量限定モデルです。これまでヴィッツや86、iQなどで多く展開されてきた仕様となります。

ちなみにマークX GRMNは今回が2代目。初代は2015年に限定100台で発売しています。

ベースとなったのはV6・3.5Lエンジンを搭載する350RDS。これに6速マニュアルトランスミッションを組み合わせました。エンジンの制御コンピューターも変更が施されています。

また今回の2代目ではファイナルギア比を4.083から3.615へと変更するなどしています。

ボディ全体には初代GRMNに対して252ヵ所のスポット溶接追加がなされています。初代が16打点追加でしたから、ノーマル比では268ポイント加えてあることになります。

サスペンションには新開発のスウィングバルブアブソーバーを採用した専用サスペンションも設定しています。4本出しマフラーや19インチのBBS製鍛造アルミホイールなどは、GRMNならではの専用装備となります。

ブレーキキャリパーはホワイト塗装でフロントのみGRロゴが入っています。

インテリアではカーボン調加飾とピアノブラック塗装を組み合わせたインストルメントパネルや、ウルトラスエード表皮の専用フロントスポーツシートなどを採用しています。

ルーフパネルにカーボン素材を用いて軽量化を図ったカーボンルーフパネルを27万円のオプションで設定しました。これにより約10kgの軽量化となります。

気になる価格は513万円で、先着350台の限定販売です。

マークX GRMNをF1参戦経験もあるレーシングドライバー・井出有治選手が乗りましたので報告してもらいます。

場所は袖ヶ浦フォレストレースウェイです。

エンジンは、回転がストレスなく上がっていく感じが気持ち良いものでした。音もリニアに上昇していくのがいいですね。
6速MTもシフトチェンジをした際のゲートに入る感じが気持ちよく、サーキットを走る上でもシフトチェンジ動作で(走行に)リズムをつけることができました。楽しく走ることができる環境になっています。
また、ボディ剛性の高さは走り始めてすぐに気づきました。今日は初代マークX GRMNとも乗り比べたのですが、この2代目での剛性アップははっきりわかります。特にハイスピードコーナーで荷重が大きくかかるようなコーナーでもきちんと車体が、その重さを受け止めてくれていることが実感できました。
ドライバーがステアリングを切った際に(ボディ剛性があがっているおかげで)敏感に反応してくれますし、ブレーキング時も車体が安定してます。
いつでも安心感が高いので市街地からサーキットまで、余裕を持って楽しめると思いますよ

●主要データ
エンジン形式:直列6気筒NA
排気量:3456cc
最高出力:318ps/6400rpm
最大トルク:38.7kgm/4800rpm
トランスミッション:6速MT
全長・全幅・全高:4795・1795・1420mm
ホイールベース:2850mm

(写真・動画・文/ウナ丼)