【東京オートサロン2019】世界のカスタムトレンドが集結! 出展426社・展示台数906台、世界最大級の祭典が開幕

●過去最大規模をまたもや更新! 無料イベントも充実

・東京オートサロン2019の会期は1月11〜13日の3日間

カーカスタムのトレンドを発信し続けて37回。昭和の時代からカスタムの魅力を伝導し続け、そして平成最後となる東京オートサロンがいよいよ開幕です。

会期は2019年1月11日(金)から1月13日(日)までの3日間、会場はおなじみ幕張メッセにおいて開催されます。

回を重ねるごとに拡大するその規模は、過去最多となる426社の出展、展示台数は906台というこれまでにないスケール。

かならずや、あなたの琴線に触れるカスタムカーが見つかるはずです。

残念ながら、毎年恒例だったD1グランプリ「キックオフドリフト」は開催されませんが、主要なマシンは国際会議場(コンベンションホール)に集結。「WRCをぜひ日本に!」という招致ブースとともに、モータースポーツを盛り上げます。

イベントステージでは、前回も開催され話題を席巻したコレクタブルカーのオークション「東京オートサロン・オークション with BH Auction」が開かれます。出品される価値ある車両は、前回から大きく増えて50台。いったい落札価格の総額はいくらになるのか? その驚愕の金額はおそらく翌日のメディアを騒がせるのは確実で、興味シンシンです。こちらは1月11日15時からの開催の予定です。

翌12日のイベントホールでは、13時より「日本レースクイーン大賞2018」表彰式が行われる予定です。日本一麗しいレースクイーンの姿を拝むことができます。
続いて15時40分からは「AUTO SALON SPECIAL LIVE」。浅香唯ちゃん、荻野目洋子ちゃん、T-BOLANさんなど懐かしのシンガーの生歌も堪能できます。

無料で楽しめる関連イベントも充実しています。主なものは以下の3つになります。

会場の幕張メッセからほど近いZOZOマリンスタジアムでは、新型車やチューンドカー、ビンテージカーなど30台に同乗試乗することができる、ワクワクのイベントも用意されています。

人気DJ、ピストン西沢さんプロデュースの「みんなのモーターショー」(略してみんモー)のSUV版が開催されています。

グルメなあなたにぴったりなのが、芸能界でも指折りの食通であるダチョウ倶楽部・寺門ジモンさんプロデュースの「東京ミートサロン」。シャレの効いたネーミングですがその内容は大真面目です。ジモンさんが厳選した肉料理の屈指の名店が10店、ブースを構えあなたの胃袋をお待ちしています。

1月11日(金) 14:00〜19:00 (一般特別公開)
1月12日(土) 9:00〜19:00 (一般公開日)
1月13日(日) 9:00〜18:00 (一般公開日)

※会場付近の道路は大変混雑します。できるだけ公共交通機関のご利用をおすすめします。

(kaizee)