「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」に限定モデル登場! 3kgの軽量化と2psアップを実現。

「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」に限定モデル登場! 3kgの軽量化と2psアップを実現。

アクラポヴィッチ製チタン×ステンレスマフラーを搭載

ルノー・ジャポンは、「ルーテシア ルノー・スポール」の最高峰モデル「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」に、ルノー・スポールが共同で開発し、3㎏もの軽量化と約2psの出力アップを果たした「アクラポヴィッチ製チタン×ステンレスコンポジットマフラー」を搭載した限定モデル「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー アクラポヴィッチ」を1月11日から全国のルノー正規販売店で販売する。

F1に参戦するルノー・スポールの技術を積極投入

ルノー・スポールは、現在もF1グランプリへの参戦を続け、様々なモータースポーツカテゴリーで勝利を記録してきたレーシングコンストラクター。レースやラリーへの参戦に加え、モータースポーツ参戦で培った技術を取り入れた市販モデルの開発も行なっている。

彼らが開発を手がけた「ルーテシア ルノー・スポール」は、1.6リッター直4直噴ターボエンジンに6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)を組み合わせたことで力強い加速性能を実現。「ノーマル」「スポーツ」「レース」の3モードから選択できる「R.S.ドライブ」、ラリーの世界で開発された「ハイドロリック・コンプレッション・コントロール」、「ローンチコントロール」、「R.S.デフ」など、様々な最新テクノロジーが投入されている。

特徴的なアクラポヴィッチ・サウンドを堪能

今回、ヨーロッパ最大級のエキゾーストメーカーである「アクラポヴィッチ」とルノー・スポールがルーテシア ルノー・スポール トロフィーのためにマフラーを共同開発。完成したチタン×ステンレスコンポジットマフラーは、特徴的なアクラポヴィッチサウンドを奏でるのはもちろん、標準マフラーに対し3㎏軽量なうえ、最高回転領域で出力が約2ps向上した。

エクステリアには、スポーティな走りをイメージさせるブラックで統一された「F1タイプエアインテークブレード」、「サイドプロテクションモールフィニッシャー」、「リヤエアディフューザー」、「RENAULT SPORT」エンブレムを装備。価格は 344万円(税込)、2019年1月11日から開幕する東京オートサロン会場でも公開される。

【問い合わせ】
ルノーコール
TEL 0120-676-365
https://www.renault.jp