「ベッテル&ルクレールが成功するか疑問」と元F1王者。ナンバー2ドライバー不在のフェラーリは勝てないと主張

 モータースポーツ界の伝説的存在であるマリオ・アンドレッティは、シャルル・ルクレールをラインアップに加えるというフェラーリの決断が、2019年にチームの利益になるかどうか確信できないという。

 ルクレールの並外れた経歴と、ザウバーにおけるF1での初シーズンが印象的だったことから、フェラーリはキミ・ライコネンの後任としてルクレールと契約した。それは昨年夏に急逝したフェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネの強い希望でもあった。

 しかしながら1978年のF1世界チャンピオンであり、インディカーで4度のタイトルを獲得したアンドレッティは、セバスチャン・ベッテルと若く野心的なルクレールがうまくやっていけるかどうか疑問に思っている。

「彼(ベッテル)は間違いなくフェラーリにふさわしい男だ」とアンドレッティはSky Italiaに語った。

「彼のレッドブルでの1年目を覚えている。彼に将来の野望について尋ねると、すかさず『フェラーリでレースをしたい!』と答えた」

「彼はフェラーリでの仕事にふさわしいドライバーだ。(ルイス・)ハミルトンとベッテルのどちらが優れているかは、彼らが別のマシンに乗っているから判断するのは難しいが、ふたりとも素晴らしいドライバーだ」

「ルクレールとベッテルのコンビは正しいものに思えるが、キミを残留させるという選択肢もあった。彼とセバスチャンは非常にうまくやっていたからね。だが様子をみることにしよう」

「ルクレールは非常に優れているようだし、若いということは素晴らしい将来があるということだ」

「彼を昇格させるのはマルキオンネの考えだった。だが私はこれがルクレールにとって適切なタイミングなのかどうかは分からない」とアンドレッティは付け加えた。

「同じチームのふたりのドライバーは、ひとりがナンバーワンで、ひとりがナンバーツーでなければならない。ナンバーワンドライバーがふたりいると決してうまくいかない」

■「フェラーリでは、勝てなければ誰かが切られる」チーム代表交代は必然とアンドレッティ

 78歳になった今でも2シーターのインディカーでの同乗走行を行っているアンドレッティは、今週発表されたフェラーリのチーム代表交代というビッグニュースに驚かなかったという。

「驚いたりはしなかった。なぜならフェラーリには、もし勝てなければ誰かが去らなければならないというポリシーが常にあるからだ」とアンドレッティは語った。

「素晴らしい仕事をしていたステファノ・ドメニカリにも起きたことだ。チーム代表は常に責任を負うことになる」

「フェラーリは、関心を維持するためにも、常にトップでいなければならない。フェラーリほどハードに仕事をするチームは他にない。彼らはF1のために呼吸をし、生きているのだ」