SCB:創立40周年記念の2019年、ミリオンレース含む全12戦のカレンダー発表

 元F1ドライバーも多数参戦するブラジル最高峰のツーリングカー選手権、SCBストックカー・ブラジルの2019年暫定カレンダーがリリースされた。記念すべき創設40周年、シリーズ500戦を迎えるメモリアルイヤーは、グローバルに活躍するゲストドライバーが招かれる“ダブルス・レース”や高額賞金の懸かる“ミリオン・レース”など、人気イベントが組み込まれた全12戦が予定されている。

 南米大陸で隣国アルゼンチンの『スーパーTC2000』と並び絶大な人気を誇るSCBは、2014年チャンピオンのルーベンス・バリチェロを筆頭に、BARホンダやトヨタでも活躍したリカルド・ゾンタ、アントニオ・ピッツォニア、そして昨季からフルシーズンエントリーを果たしたルーカス・ディ・グラッシやネルソン・ピケJr.など、同国出身で各世代を代表する元F1ドライバーが集っている。

 また、ダブルス・レースでは国際的に活躍する多くのスタードライバーも招かれ、昨季開幕戦となったダブルスでは、WEC世界耐久選手権にも参戦し2018年にシリーズ連覇を果たしたダニエル・セラと組んだジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが優勝。

 その他、強豪シムド・シボレー・レーシングからは元跳ね馬ドライバーのフェリペ・マッサが参戦し、シーズン中にもアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ、エステバン・グエリエリ、ネストール・ジロラミ、ケルビン・バン・デル・リンデなど豪華ドライバー陣がエントリーした。

 そんなSCBの2019年シーズンは前年度と変わらず全12戦のイベントが予定され、各週末に2ヒートのレースを開催。昨季まで開幕戦だった名物ダブルスは5月の第3戦ゴイアニアに移動したほか、2018年はバリチェロが勝利し100万レアル(約2950万円)の高額賞金を獲得したミリオン・レースは、8月25日の第7戦での開催が決まった。

2014年チャンピオンであるルーベンス・バリチェロは、2018年もタイトルを争った
開催イベント各地では、レース直前に市街地でのセレモニアル・ランも実施される

 SCBのプロモーター兼オーガナイザーであるヴァイカー・スポーツ・プロモーション代表のカルロス・コルは「2019年はあらゆる意味で、ストックカーにとって非常に特別な1年になるだろう」と抱負を述べた。

「カテゴリー誕生から40周年、シリーズ500戦目という節目を迎え、偉大なる先駆者たちが築き上げてきた歴史からさらなる進化を目指すとともに、この1年をブラジルのモータースポーツ界の新たなマイルストーンとして記憶されるシーズンにしなくてはならない。そのための努力を、パドック一丸で進めていくつもりだ」

 記念すべき500戦目はシーズン開幕戦、4月7日のリオグランデ・ド・ソル、サンパウロ州タルマンに位置するトラックでの1戦となり、1979年4月22日にカテゴリーの歴史が産声を上げた場所でシリーズの新たなチャプターが幕を明けることになる。

 続く第2戦ヴェロチッタを挟んで第3戦はゴイアニアでのダブルス、第4戦ロンドリーナ、第5戦リオグランデのサンタクルス・デ・ソル、第6戦カンポグランデと続き、第7戦ミリオン・レースの開催地のみ追っての発表に。

 第8戦のクリティバはWTCC世界ツーリングカー選手権などで使用された実績もある国際トラックながら、サーキット施設改修後の承認待ちで暫定。10月の第9戦カスカバル、11月の第10戦ヴェロパークはシリーズお馴染みのサーキットとして後半戦カレンダーに入り、再び開催のゴイアニアを経て12月15日にサンパウロのF1サーキット、インテルラゴスで最終戦を迎える。

 また1993年からSCBのステップアップ・シリーズとして併催されてきたストックカー・ライトは2019年も全8戦が予定され、初めてミリオン・レースでのイベントも予定されている。

シリーズは2000年から国営TVグローボと放映契約を結び、世界各国で多くの視聴者数増加を記録している

マシンはシボレー・マリブのボディを架装したワンメイクパイプフレームを使用

■SCBストックカー・ブラジル 2019年シーズンカレンダー

Round Date Circuit
1 4月7日 タルマン
2 5月5日 ヴェロチッタ
3 5月19日 ゴイアニア(ダブルス・レース)
4 6月9日 ロンドリーナ
5 7月21日 サンタクルス・デ・ソル
6 8月11日 カンポグランデ
7 8月25日 TBA(ミリオン・レース)
8 9月15日 クリティバ
9 10月20日 カスカバル
10 11月10日 ヴェロパーク
11 11月24日 ゴイアニア
12 12月15日 インテルラゴス