本山哲、脇阪寿一、道上龍が激突! モースポフェス2019で『新・永遠のライバル対決』開催決定

 モビリティランドは3月2~3日に鈴鹿サーキットで行われるモースポフェス2019 SUZUKAで、本山哲、脇阪寿一、道上龍による対決企画『新・永遠のライバル対決 本山哲vs脇阪寿一vs道上龍』を開催すると発表した。

『モースポフェス2019 SUZUKA ~モータースポーツファン感謝デー~』はトヨタとホンダ、モビリティランドの3社がメーカーの枠を超えて、クルマやモータースポーツの魅力を発信していくファン感謝イベント。18年まで鈴鹿サーキットで開催されてきたモータースポーツファン感謝デーに代わるかたちで19年から実施される。

 イベントでは19年からホンダ製パワーユニットを使用するアストンマーチン・レッドブル・レーシングのF1マシンが、今季仕様のカラーリングでデモンストレーション走行を実施するほか、佐藤琢磨のインディ500優勝マシン、トヨタ・ヤリスWRC、ル・マン優勝マシンのトヨタTS050ハイブリッドおよび、ホンダCBR1000RRなどのデモランも行われる予定だ。

 今回、そんなモースポフェス2019 SUZUKAにさらに注目のプログラム『新・永遠のライバル対決 本山哲vs脇阪寿一vs道上龍』が加わることがアナウンスされた。

 同プログラムはモータスポーツファン感謝デーで親しまれ、18年に惜しまれつつファイナルを迎えた星野一義と中嶋悟による『永遠のライバル対決』の第2弾。

 企画名にあるとおり、第2弾ではニッサンの本山、トヨタの脇阪、ホンダの道上というメーカーを背負って90年代から現在に至るまで、全日本GT選手権/スーパーGT、フォーミュラ・ニッポンなどで活躍してきた3名が、鈴鹿サーキットでふたたび雌雄を決することになる。

 現時点では対決で使用する車両や走行時間等は決定していないものの、2日と3日の両日開催されることが決まっている。また、1月13日12時からは、千葉県・幕張メッセで行われる東京オートサロン2019のトヨタブースで『モースポフェス2019 SUZUKA特別企画! スーパーGTレジェンドトークショー』が実施されるという。

 イベント盛りだくさんのモースポフェス2019は公式サイトに掲載されている招待券があれば入場無料で楽しめるので、ダウンロードをお忘れなく。タイムスケジュールなどのイベント詳細はホームページをチェックしよう。