ランボルギーニの次世代V10エンジンを搭載したウラカンEVOの写真が初公開

●完璧なドライビング・ダイナミクスを判断するシステムを搭載した「ウラカンEVO」

ランボルギーニは次世代のV型10気筒を積んだウラカンEVOの写真を初公開しました。ウラカンEVO は5.2Lの自然吸気ランボルギーニV型10気筒エンジンを搭載。チタン製の空気バルブを採用した軽量排気システムの改良を実施しています。

注目のエンジン出力は、640hp(470kW)/8000rpmで、600Nm/6500rpmという分厚いトルクも実現しています。乾燥重量は 1,422kgで、パワーウェイトレシオは2.22kg/hpに達し、 停止状態から2.9秒で100km/hに加速、9秒で200km/hまで加速します。一方、100km/hからわずか31.9mで停止するブレーキ性能も特徴で、最高速度は325km/h超を誇ります。

ウラカンEVOには、新しいランボルギーニ後輪操舵と四輪に作用するトルク・ベクタリング・システムが採用されています。さらに、車両の中心にあるのは新機能であるランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ (LDVI)。「LDVI」は、車両の動的挙動の全側面を制御する中央処理装置で、車両のダイナミック・システム と設定のすべてを完全統合し、ドライバーの次の動きとニーズを予想して、完璧なドライビング・ダイナミクスを判断。

ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ(LPI)は、車両の重心に配置した包括的な一連の加速時計とジャイロスコープセンサーで、バージョン2.0にアップグレードされています。精度向上により、横方向、縦方向、垂直方向の加速と、横揺れ、上下動、ヨーレートに関して、車両の動作をリアルタイムでモニターします。バージョン2.0にアップグレードされた磁性流体サスペンションは、「LPI」からのインプットに従って、瞬時にダンピングを適応させるそうです。

この新しいトラクション・コントロール・システムは、強化された全輪駆動とトルクベクタリングとともに、必要に応じて1つの車輪にトラクションを向けることを可能にするそう。必要なステアリング角を最小にしながら、コーナーで高い応答性の確保が可能な改良されたランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)には、今回、低速度での機敏さを確保。さらに、高速コーナリング時と最も厳しい条件下での制動時に最大の安定性を確保するために、後輪操舵が組み合わされています。

外観デザインは、特徴的なデザインは卓越した空力性能を定義し、ウラカン EVO のドライビング・ダイナミクスを向上させます。新しいフロントバンパーは、車高が低くなるだけでなく、一体型ウィングを備えたフロントスプリッターによる空力効率の確保にも貢献。大型化したエアインテークは、ランボルギーニデザインDNAに受け継がれるイプシロンの形状が特徴です。

ウラカンEVOのサイドビューは、ダイナミックで窓に取り入れたランボルギーニらしい六角形のデザインをはじめ、新デザインのホイールと新たなサイドエアインテークも特徴。リヤはバンパーの高い位置に、ウラカンのレースカーモデルに見られるワイドでオープンなむき出しのリアを反映した、新スポーツエキゾーストシステムのツインアウトレットが配置されています。 ボディカラーは、新色のArancio Xantoを採用。足まわりには、ピレリPゼロタイヤが EVO 専用の新しい 20 インチの Aesir色のリムを引き立たせています。

インテリアは、アルカンターラ色の専用の新EVOトリムとレザーの組合せを特徴としていて、Arancio Dryope色のディテールがボディのトーンにマッチしています。さらに、スポーティでエレガントな新トリムは、多数のバイカラーとトリムのオプション、明るいアルカンターラ色のオプションも用意。ニーズに応じて、カーボン・フォージド・コンポジットや特許を取得したランボルギーニのカーボン・スキンなどの軽量素材を使用することが可能で、カスタマイズできるキャビン内の新アンビエントライト・フィーチャーも目を惹きます。

2019年春から順次デリバリー予定で、ウラカンEVOの価格は、2,984万3,274 円 (税抜) となっています。

(塚田勝弘)