ドゥカティ、2019年国内発売モデルを発表。パニガーレV4 R/V4 Sコルセの価格が明らかに

 ドゥカティジャパンは、ドゥカティの2019年ニューモデルについて国内での発売予定モデルと価格を発表した。

 ニューモデルは、2018年11月にミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)で発表されたマシンで、パニガーレV4 RやパニガーレV4 Sコルセといった新型スーパーバイクも含まれている。

 EICMAで発表された『パニガーレV4 R』は、998ccの90度V4エンジン(デスモセディチ・ストラダーレ R)を搭載する大型バイク。2019年シーズンからドゥカティがスーパーバイク世界選手権(SBK)で使用するベースマシンで、サーキット走行に特化したレーシングバイクであるが、公道走行が可能なモデルだ。

ドゥカティ パニガーレV4 R
ドゥカティ パニガーレV4 R

 最高出力は221馬力/15,250rpm、最大トルクは112Nm/11,500rpm。出力はアクラポビッチ製のドゥカティ・パフォーマンス・エグゾーストを装着した場合、13馬力引き上げることができ、234馬力/15,500rpmにまで達する。

 また、カウルの両サイドにカーボン製のウイングを備えており、ドゥカティのMotoGPマシン、デスモセディチGP16で使用されていたウイング・コンセプトをベースとしながらも、さらに効率化を目指したパーツとなる。カウルのデザインとこのウイングによりダウンフォースが向上し、ウイリーの発生を低減。さらにコーナー進入とブレーキング時の安定性が向上したという。

ドゥカティ パニガーレV4 Rのカーボン製ウィング
ドゥカティ パニガーレV4 Rのカーボン製ウィング
ドゥカティ パニガーレV4 Rの乾式クラッチ
ドゥカティ パニガーレV4 Rの乾式クラッチ

 そのほか、オーリンズ製のサスペンション、アルミニウム製スイングアーム、マルケジーニ製アルニミウム・ホイールが採用されており、MotoGPマシンと同じく、乾式クラッチが取り入れられている。カラーリングは“R”専用カラーの1色で、価格は455万円(税込み)だ。

 パニガーレV4 Rに加え、1103ccの90度V4エンジンを搭載し、パニガーレV4 SのMotoGPカラーに仕上げられた『パニガーレV4 Sコルセ』も国内で発売する。

ドゥカティ パニガーレV4 Sコルセ
ドゥカティ パニガーレV4 Sコルセ

 このカラーリングはワールド・ドゥカティ・ウィーク(WDW)2018内で行われたチャンピオンズ・レースウイナーのミケーレ・ピロが駆ったマシンと同様のグラフィックが採用されたスペシャルバージョンだ。価格は352万5000円(税込み)となる。

 2018年に導入された『パニガーレV4』は265万9000円(税込み)、『パニガーレV4 S』が331万円(税込み)、『パニガーレV4スペチアーレ』が455万円(税込み)となり継続して販売される。

 また、ムルティストラーダ、ハイパーモタード、モンスター、ディアベルといったシリーズの価格も発表されている。詳しくはドゥカティジャパンの公式ウェブサイトまで。

ドゥカティ ムルティストラーダ950
ドゥカティ ムルティストラーダ950
ドゥカティ ディアベル1260
ドゥカティ ディアベル1260