F1カナダGP主催者、ストロールのレーシング・ポイント移籍を喜ぶ。「ペレスは良い比較対象」

 F1カナダGP主催者のフランソワ・ドゥモンティエは、2019年にはレーシングポイントF1において、セルジオ・ペレスがランス・ストロールにとっての良いベンチマークとなるだろうと考えている。

 モントリオール生まれで20歳のストロールはウイリアムズを離れ、2018年夏に父ローレンス・ストロールによって買収されたフォース・インディアの後身である、レーシング・ポイントF1に移籍した。

「良いニュースだ。競争力のあるチームのようだ」とドゥモンティエはLe Journal de Montreal紙に語った。

「ローレンスによる買収にも非常に満足している。チームの株主を見れば、ほぼカナダのチームだと言ってもいいくらいだ」

 ペレスは155戦のグランプリ出走経験を持つ、安定した速さを備えたドライバーだ。この新しい環境で、ストロールは自らをペレスと照らし合わせ、自分自身を測る機会を得ることになるだろう。

「ウイリアムズでのシーズンは非常に難しいものだった」とドゥモンティエは話す。

「たびたびタイトルを賭けて戦っていた世界チャンピオンチームだから、残念なことだったと考えている。しかしF1にはサイクルがある」

「ぺレスは比較対照するには良いドライバーだ。彼は速く、コース上でオーバーテイクするのは難しい。過去にも良い仕事をしてきている」

「ランスにとっての良い比較対象になるだろう。最初のシーズンでフェリペ・マッサがそうだったようにね。マッサは師だったが、ランスはレースに勝てるドライバーと比較することができた。そして彼は上手くやっていた」

「彼はポイントと表彰台を獲得し、チャンピオンシップを12位で終えた。誰もが予測していなかったことだ」とドゥモンティエは締めくくった。