【動画】ポリマー技術を総結集したコンセプトカー「I to P(アイトップ)」が走った!

■クルマの未来を担うEVが「サイスポ」をテストドライブ

内閣府が統括する「革新的研究開発推進プログラム(略称ImPACT)」から生まれたコンセプトカー「I to P(アイトップ)」。超薄膜化と強靭化を可能にする「しなやかポリマー」を、車体骨格からウィンドウ、タイヤ、足回りとあらゆるところに使ったEVです。

2018年10月30日、静岡県にある日本サイクルスポーツセンターで、この「I to P」の試験走行が行われました。その様子をとらえた動画が公開されたのでご紹介しましょう。

トランスポーターから降ろされる「I to P」。その特徴的なスタイリングが分かります。

ドアは前方にヒンジを持つスイングアップドア。この美しい造形にも、最先端ポリマーの知見が活かされています。

リアシート背後のパワーユニット。モーターの定格出力は15kW/最高出力23.5kW。

ボディ後端にあるコネクタから急速充電を行います。

開発スタッフに見守られてゆっくりとコースイン。

左右二つのレバーを押し引きするユニークな操舵系。

富士山をバックに快調に走行を続けます。

前後サスペンションにも、タフポリマーを採用したCFRPが用いられています。

アップダウンのきついサイクルスポーツセンターのコースを無事走り終えました。

その様子をぜひ動画でもお楽しみください!

(クリッカー編集部)