【クリッカー・オブ・ザ・イヤー2018】20年振りのフルモデルチェンジでも変わらぬ伝統と求められる先進性を融合したジムニーに10点

●新たなファンを獲得する魅力をもったクルマたち

ccoty(クリッカー・オブ・ザ・イヤー)の選考委員を務めさせていただいているclicccar 執筆陣の萩原文博です。毎年恒例となっている、その年に登場した1番のクルマを決めるccoty。私が今年のナンバー1に選び10点を入れたのはスズキ・ジムニー/ジムニーシエラです。

【期待に違わぬ性能をもって登場したジムニー/ジムニーシエラ】

ジムニー/ジムニーシエラに10点を入れた理由は、発売前の事前撮影会で見たときから従来のジムニーファンだけでなく、新しいファンも獲得できるクルマに仕上がっていると思えたからです。結果的に発売後納車期間が最大1年という数字に表れています。これだけ大ヒットしているジムニー/ジムニーシエラであればNo.1に十分値すると思います。

もちろん、人気に裏付けされた実力も備えています。ジムニー伝統のラダーフレームはXメンバーやクロスメンバーが追加され、ねじり剛性を向上。さらに車体とラダーフレームをつなくボディゴムマウントを新設計することにより、優れた乗り心地と操縦安定性を両立させています。また、シフォンアイボリーメタリックのボディカラーはオシャレ度も高いです。

とはいえ、乗り心地はハードなので、お忘れないように。

直3ターボエンジンを縦置きしたエンジンレイアウトやリジッドアクスル式のサスペンションなどは先代から引き継がれています。しかし、パートタイム4WDは4L(4WD低速)モード時は、標準装備した電子制御のブレーキLSDトラクションコントロールにより、ぬかるみなどからの脱出が容易になりました。

タフギアのジムニー/ジムニーシエラとはいえ、安全装備は無視できません。デュアルセンサーブレーキサポートをはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、そしてハイビームアシストなどサポカーSワイドレベルの先進安全装備をはじめ、最高速度や車両進入禁止など4つの標識を認識してメーター内に表示する標識認識機能を装備するなど高い安全性能を確保しています。

現在納期が長期になっていますが、2019年には増産体制となるようなのでジムニー/ジムニーシエラが手元に来る日が早くなりそうです。

【乗って愉しい、伝統が嬉しい、存在感を極めた3台に配点】

続いて、6点という点数を入れたのは、ルノー・メガーヌR.S.です。このクルマは今年乗ったクルマの中で最も運転することが楽しかったというのが理由です。

試乗会場は高速ワインディングの箱根ターンパイクでしたが、リアタイヤの接地感やマシンのコントロール性が非常に高く、自分の運転スキルが上がったように感じるほどでした。4コントロールと呼ばれる4輪操舵が装着されていますが、その介入は不快なものではなく、非常に自然にコーナーをトレースすることができました。

そして、トヨタ・センチュリーとランボルギーニ・ウルスに各2点投票しました。センチュリーはこれぞ、ショーファードリブンという静粛性、そして抜群の乗り心地の良さ。さらに新型が登場することで、日本の伝統芸能が守られたようなホッとした気分になったからです。

一方のランボルギーニ・ウルス。スーパーSUVと言われるだけに、どれだけスーパーなのか!と意気込んで乗ってみると、標準モードで走行すると非常にマイルドで乗り心地の良いクルマでした。やはり、アヴェンタードールやウラカンといったランボルギーニオーナーのファミリーカーとなるクルマなので、快適性重視となっているのかもしれません。

残念ながら、スポーツモードは試していませんが、とにかく存在が目立ちますし、ウルスを所有しているだけで、成功者!と思われるはずです。SUVの頂点を極めるクルマの1台ということで点数を入れました。

2018年もニューモデルがたくさん登場したのですが、ややドイツ車の勢いが弱かったような気がします。しかし、2019年はBMW3シリーズをはじめ、メイン車種が目白押しなので非常に楽しみです。

(萩原文博)