STIが最新コンプリート「S209」をデトロイトショー2019で発表!

前作S208が一瞬で完売したことを考えると今回も熾烈な争奪戦になる!?

スバル&STIのコンプリートモデルといえば、出せば一瞬で完売することで有名な“鉄板メーカーチューンド”だ。

直近では、STIの創立30周年を記念して開発されたWRX STIベースのハードチューンドモデル「RA-R」が記憶に新しいだろう。2018年7月19日に500台限定で販売されたのだが、499万もの高額車にも関わらず当日の19時で完売した。

そして2019年1月、前作のS208発売から1年ちょっとのタイミングでSシリーズ最新モデル「S209」の発表が宣言された。発表の舞台は、米デトロイトで開催される北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー/開催期間:2019年1月14日~27日)だ。

S208はネット抽選で限定発売(450台)され、5倍以上の倍率(応募者総数2619人)で文字通り“一瞬”で完売していた。それを考えると、今作のS209も争奪戦になること間違いなし。

なお、現時点で発表されているのはグリル周辺の写真のみで、詳細な仕様などは公表されていない。

●関連記事
【SUBARU WRX STI TYPE RA-R】499万円でも即日完売した話題の500台限定コンプリートの実態