【東京オートサロン2019事前情報】国際会議場2Fにはラリーカー&ドリフトマシンがズラリ!! 豪華出演陣が登壇するステージも見逃せない!

幕張メッセの2F通路を東方向に進み、左に曲がって渡り廊下を渡ったところにある国際会議場。

豪華プレゼントが当たるアンケート投票所やトミカブース、そして昨年まではチューニング系雑誌媒体のブースがあった場所だ。

そんな国際会議場が、東京オートサロン2019では豪州1周ラリー仕様のトヨペットクラウンから、240RS、セリカ、ランエボ、インプレッサ、そして最新のヤリスまで、新旧ラリーカーがズラリと並ぶ『WRC PARK』に!!

『WRCを日本へ!』を合言葉に、WRC(世界ラリー選手権)の招致を目指すWRC日本ラウンド招致準備委員会が中心となって企画されたもので、車両展示のほかラリーのスタートセレモニーでおなじみのゲートなども設置され記念撮影などにも最適。

また、2020年の日本開催を応援する寄せ書きメッセージを記入してくれた来場者には先着で限定ステッカーも配布されるという。

さらに、会場に設置されるステージでは東京オートサロンの公式配信『オートサロンTV』撮影などもおこなわれていて、ラリー関係者をはじめ豪華ゲストが登壇予定!!

WRCとおなじくFIA公認イベントである『IDC(インターナショナル・ドリフティング・カップ)』と、日本を代表するドリフト競技イベント『D1グランプリ』の参戦マシンも同ホールに展示。人気ドライバーたちも来場予定となっている。

本物のマシンを間近でじっくりと見ることができる貴重な機会なので、ぜひ足を運んでみてほしい!!