【WEBホットマシン】ホンダの名作「ビート」で極低フォルムに挑んだ意欲作!【 OPTION CARAVAN】

車両:ビート【PP1】/OWNER:柿原崇志

低車高を突き詰めたショーカー仕立てのビート!

オープンスタイルでのスタイリッシュさに惚れて、ビートでカスタムを進めてきた柿原さん。レインボーフレークを散りばめたボディやホイール、ワンオフエアロのシャコタンで目を惹くが、フェンダーやドアサイドなど惚れ込んだオリジナルラインは一切崩さずにキープしているのが拘りだ。

オリジナルをリスペクトしてフェンダーラインは一切いじらずにツラを攻めるが、BMW M3(E92)のバンパーをリサイズしたフェイスでオリジナリティを打ち出す。ストックボディのままだが、Z32用リヤスポイラーと相まってワイド感はバツグンだ。

ちなみにビートはタイヤハウスが狭くて車高が落としにくいことが弱点だが、調整式アームの投入や車高調の加工でフロント7J&リヤ8Jのホイールを見事に履きこなしている。

S660の兄貴分でもあるビートが発売されたのは1991年だ。すでに30年近くが過ぎようとしてる旧車だというにも関わらず、ここまで美しくコンディションを保っていることには驚かされるが、臆することなくそこに唯一無二のカスタムを施して自分色に染め上げたオーナーのスピリッツには感服だ。


ボディカラーにシンクロさせた赤基調で、インテリアはトリム類を張り替え。オーナーの柿原さんが指をさしているDシェイプのステアリングは、メーターが見えにくかったため上部をカットして近未来的なフォルムを打ち出したこのビートのカスタムキーポイントだ。