BMW伝統の「アレ」はどうなる? 新型3シリーズツーリングのテスト車両をキャッチ

BMWのコンパクトセダン、新型「3シリーズ」の派生モデルワゴン、「3シリーズ ツーリング」次期型のテスト車両をクローズアップで撮影に成功しました。

無防備に露出したフロントエンドと裏腹に、リアはガッチリとカモフラージュされています。前回同様にL字型テールライトの一部やルーフスポイラーが確認できますが、やはり気になるのが、リアクォーターウィンドウのデザインです。

今回のクローズアップ写真により、角が完全に隠されていることがわかります。以前お伝えした通り、次期型では角がキックアップされている、BMW伝統のアイデンティティ「ホフマイスター・キンク」処理がされないという噂は本当なのか気になるところです。その可能性は低いとは思いますが、このカモフラージュが疑念を抱かせます。

次期型では、「CLAR」プラットフォームを採用し、現行モデルから50kg以上の軽量化が図られるほか、ホイールベースが延長、フットスペースとラゲッジスペースも拡大など実用性が大幅に向上すると見られます。

パワートレインは、最高出力184psと258psを発揮する2リットル直列4気筒ターボガソリンエンジンや、最高出力150psと190psを発揮する2リットル直列4気筒ディーゼルエンジン、最高出力387psを発揮する3リットル直列6気筒を搭載する「M340i」、2リットル直列4気筒+電気モーターのPHVなどのラインアップが予想されます。

また航続距離278マイル(450km)の「30e」、航続距離341マイル(550km)以上と思われる「40e」の2種EVモデルも期待されています。

ワールドプレミアの場は、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力ですが、近々「ホフマイスター・キンク」の行方も判明するはずです。

(APOLLO)