【DEEP FACTORY FAIRLADY Z(Z33)】楽しさをトコトン追求するZ33チューンド! レスポンス重視のVQ35DE改6スロ仕様の登場だ

<店名/邦文のショップ名はナシで>

DEEP FACTORY ガレージ正部

官能サウンドの6連スロットルをデイリーユース可能なキットとしてリリース!

快感サウンド&レスポンスで走る楽しさをプロデュース

Z33に搭載されるVQ35は、手を加えていけば確実にそれに答えてくれるだけキャパシティを持つエンジンといえる。当然、長年各ショップが培ったノウハウをもとに、パワーを追求するチューニングのサンプルは事欠かない。NAのままはもちろんのこと、ターボやスーパーチャージャーチューニングも盛んに行なわれてきたのはご存知の通りだ。

しかし、そんなZ33においてこれまで今ひとつ広まりを見せなかった技術のひとつに6連スロットルがある。その理由として挙げられるのは制御方法の複雑さ。そもそも電子制御対応の6連スロットルが少なかったからだという。

ガレージ正部(まさべ)がリリースを開始したZ33用電子制御6連スロットルキットは、そんなVQ35に無理なく6連スロットルを搭載するためのキットという注目のアイテムだ。

Deep Factory Direct Throttle:39万8000円

エンジンのフィーリングをダイレクトに楽しめる6連スロットル化は、これまでZ33ではあまり実用化されていなかった。そんなメニューをキットとして新たにリリース。フィーリングを体感するだけでなく、エンジン自体のメカニカル感もアップするため、視覚的にも満足感は高まるはず。

「VQ35に向けたこの6連スロットルは、ピークパワーといった数値的な性能ではなく、ダイレクトな吸気音やレスポンスを表現することを目的としています。街中やワインディングではパワーよりも体感できるフィーリングが何よりも大事です。そういった意味でこのキットは、Z33をもっと楽しませてくれるアイテムですね」。そう語るのは、ガレージ正部代表の正部さん。

ユニットの内容は6連スロットル用のインマニやスロットルをはじめ、フューエルデリバーリーやスロットルリンケージ、インジェクターアダプターなど。本来はワイヤー式のスロットルを電子制御で動かすため純正スロットルの加工が必要となるが、こちらは現車から流用するためキットには含まれていない。

さらに、制御方法は純正ECUを残しつつ、点火やフューエル、電子スロットルの制御はF-CON Vプロが担当する。Vプロに関しても、クルマごとに現状のチューニングによって違いがあるためキットには含んでいないので注意が必要だけど、取り付けに関してはボルトオンを実現しているため、このキットよって純正の機能を活かしながら快適に6連スロットル化が実現できるのである。

もちろん、取り付けと共にコンピュータのセッティングは必須。この辺りもガレージ正部ならキッチリと行ってくれるため、安心してデイリードライブが可能な6連スロットル化が完了。心地よいサウンドとフィーリングを楽しむことができるというわけである。

取材協力:ガレージ正部


初期コストを抑えるためにインジェクターはアダプターを介してノーマルを利用する。大容量インジェクターなど今後のステップアップにも対応することも可能。他にも負圧用のバキュームブロックなどもキットに含まれている。

キットで使用するファンネルはアルミ製で先端のカールがないシンプルな形状。このファンネルでも低回転から高回転域までしっかりとパワーが引き出せている。

電子スロットル部は純正パーツを加工して装着する。専用ステーやリンケージなどはキットに含まれているため、現車の電子スロットルを利用するのがメニューとなっている。

オプションとしてラインアップを予定しているファンネルは、先端部分をカールさせることで吸気音と整流効果を高めている。レスポンスなどのアレンジしたい人はファンネル形状を変えてみるのも楽しみ方のひとつ。