27年ぶり「カリフ」の車名が復活か? マセラティが新型コンパクトSUVを開発の噂

マセラティが新型コンパクトSUVを開発しているという情報を入手しました。またその車名に往年のスポーツカー「カリフ」の名が与えられる可能性が高いようです。

クリッカーでは、デザイナーのVito Possidente氏の協力を得て、予想イラストを入手しました。ヘッドライトは薄くシャープにつり上がり、アグレッシブなグリルやフロントエプロン、ボンネットフードが見て取れるほか、存在感のあるフォグランプや大径ホイールを装着。レヴァンテより傾斜を持つリアウィンドウにより、かなりスポーティなルックスが印象的です。

「カリフ」は、1983年から1993年まで販売していた高級2ドアスポーツです。2.8リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は255psを発揮。当時の同ブランドでは最強のパワーを誇っていました。

マセラティは2016年、初のSUVとなる「レヴァンテ」を発表。ライバルはポルシェ「カイエン」、メルセデスベンツ「GLE」、BMW「X5」らに対抗するモデルです。期待以上の売上とはならなりませんでしたが、同ブランドの収益性の向上に貢献しました。新たに狙うのは、メルセデスベンツ「GLC」、BMW「X3」、ポルシェ「マカン」が属するプレミアム・コンパクトSUV市場です。

パワートレインに関する情報はありませんが、同じFCA(フィアット・クライスラー・オートモービル)に属する兄弟メーカー、アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」と共有する2リットル直列4気筒などが予想されます。

(APOLLO)