【新車】2019年モデルのジャガー・E-PACEは人工知能を備えた「スマート・セッティング」を新設定

「ベイビー・ジャガー」を謳うプレミアムコンパクトSUVのジャガー「E-PACE(Eペイス)」。ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2019年モデルの受注を2018年12月21日(金)から開始すると発表しました。

数多いコンパクトSUVの中でも1.9mというワイドな全幅が際立っています(全長4410×全幅1900×全高1650mm)。

ピュアスポーツのFタイプからインスピレーションを得たというデザイン、スポーツカーのような走り、そしてSUVならではの実用性を兼ね備えたE-PACEの2019年モデルは、最高出力147kW/200psを発揮する2.0Lの直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ガソリンエンジンが新たに追加され、全30機種展開に拡充。

価格も見直され、443万円からというエントリー価格になったのも朗報です。

人工知能(AI)アルゴリズムを備え、リモートキーとスマホのBluetoothを介して車両がドライバーを識別、好みに応じて、温度設定やインフォテインメント、シート位置などを自動調整する「スマート・セッティング」を新たに搭載。

さらに、離れた場所から車両の情報を確認、操作できる「リモート」を全グレードに標準装備し、スマホと連動する機能「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」を装備するなど、コネクティビティも強化されています。

ボディカラーは、新色のナルヴィックブラック、フジホワイト、カルデラレッド、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンツェレッド、シージアムブルー、ボラスコグレー、ファラロンブラック、シリコンシルバーの全12色。

エンジンはディーゼルもガソリンも2.0Lで、価格帯は直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン搭載車(22グレード)が4,430,000円〜7,490,000円。直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン車(8グレード)が4,510,000円〜6,630,000円です。

(塚田勝弘)