【幻の限定車いま中古車でいくら?】三菱・ランサーエボリューション ファイナルエディションの中古車相場をチェック

東京オートサロン2015に参考出品された三菱・ランサーエボリューションX Final Conceptは、ランエボの最終進化型モデルとして注目を集めました。そして、その市販モデルが、2015年4月10日に販売台数1000台の特別仕様車ランサーエボリューション ファイナルエディションとして予約が開始されたのです。

ランサーエボリューション ファイナルエディションの外観はフロントグリルモールにダーククロムメッキを採用。バンパーセンターとボンネットフードエアアウトレットを光沢のあるグロスブラック塗装、そしてダーク調塗装されたBBS社製鍛造軽量アルミホイールを装着するなど精悍さを引き立てています。

インテリアは天井と各ピラーを内装基調色のブラックで統一し、スポーティ感を高めています。またアクセントとして、レカロ社製レザーコンビネーションシート、ステアリング、シフトノブなどに赤のステッチを施しています。

搭載される4B11型2L直4MIVECターボエンジンは新たにナトリウム封入エキゾースパイプを採用し、最高出力313ps・最大トルク429Nmを発生。最高出力を向上させると同時に中高速域で伸びのある出力特性となっています。組み合わされるトランスミッションは5速MTのみです。

出力が向上したエンジンに合わせて、サスペンションは従来オプション設定だったビルシュタイン製ショックアブソーバー、アイバッハ製スプリング、ブレンボ製大径ベンチレーテッドディスク、ハイパフォーマンスタイヤがセットとなったハイパフォーマンスパッケージを標準装備。新車価格は429万8400円で販売されました。

2015年8月頃からデリバリーが開始され、ちょう3年が経過したランサーエボリューション ファイナルエディションの中古車相場は一体どうなっているのでしょうか。

ランサーエボリューション ファイナルエディションは2015年からデリバリーが開始され、2016年にデリバリーが終了となっています。直近3カ月間の中古車の平均価格の推移を見てみると、2018年9月末は494万円でした。しかし、現在は505万円まで上昇しています。

販売開始から3年が経過しても新車時価格を上回る相場となっており、根強い人気を誇っています。

流通台数は3カ月間では10台程度していましたが、現在は16台まで増えています。しかも走行距離の少ない物件が市場に増えたようで、平均走行距離は1.7万kmから1.4万kmへと減っています。低走行距離のランサーエボリューション ファイナルエディションを購入したい人には良いタイミングと言えるでしょう。

さらに詳しくランサーエボリューション ファイナルエディションの中古車物件を見てみると、中古車物件の価格は439万〜650万円と新車時価格を下回るクルマは1台もありません。中古車の走行距離を見ると、最も距離が延びている物件で6万km、最も少ない物件では168kmという驚きの走行距離でした。

現在流通している中古車は全車が修復歴なしですし、16台のうちその半数は三菱のメーカー系販売店の物件ということなのです。ランエボのような高性能スポーツカーはコンディションが気になりますが、ディーラー系販売店ならば、そういった不安はかなり払拭されるのではないでしょうか。

(萩原文博)