【TOPIC】アイルトン・セナをオマージュした「マクラーレンP1 GTR」が登場

McLaren P1 GTR

by McLaren Special Operation

 

マクラーレン・ホンダMP4/4を徹底再現

マクラーレン・スペシャル・オペレーション(MSO)は、アイルトン・セナのF1初タイトル獲得30周年を記念し、特別な「マクラーレンP1 GTR」を公開した。マールボロ・カラーが鮮やかなこのP1 GTRは、アイルトン・セナの熱狂的なファンであるオーナーが特別にオーダーしたビスポークモデル。1988年シーズンのF1グランプリを戦ったマクラーレン・ホンダMP4/4を徹底的にオマージュしている。

このセナ仕様のP1 GTRのプロジェクトのために、オーナーとMSOは3年間の月日を費やしており、実際にこのカラーリングを完成させるのにも800時間を要したという。オーナーはこの特別なP1 GTRにセナの両親による彼のニックネーム「Beco(ベコ)」と名付けた。

カラーリングはマールボロ・ブランドを象徴する「マクラーレン・ロケット・レッド」と「アニバーサリー・ホワイト」にペイントされた。タバコロゴを使用できないため、マールボロのロゴマークはタバコ広告禁止仕様のバーコードに。ディテールに目を移すと、フロントスプリッター、エアインテーク、両ドアに「SENNA,Driven to Perfection(セナ、完璧にドライブする)」のロゴが配されている。また、マシンサイドにはブラジル国旗、ノーズとリヤウイング翼端板には88年のカーナンバーである「12」が描かれた。

インテリアにも「SENNA,Driven to Perfection」のロゴがステアリングなどに配される他、ドアシルにはセナの名言である「I am not designed to come 2nd or 3rd. I am designed to win.(私は2位や3位になるためではなく、勝利するために作られた)」が刻印されている。コクピットにはマクラーレン・セナ専用に開発された軽量レーシングシートを装着。オーナーはこのP1 GTRと同じカラーリングのヘルメットもオーダーしている。

特別な空力パーツで800kgものダウンフォース獲得

もちろんモディファイされたのはカラーリングやインテリアだけではない。エンジンは24純金製の耐熱シールドが装備され、リヤカバーは「レキサン」製の特注。オーナーによると、チューンされたエンジンとハイブリッドデバイスにより、素晴らしく快適なパワーアップを果たしたという。フロントダイブプレーン、フロントスプリッター、リヤガーニーフラップ、サイドに奢られた新開発のバージボードなどの空力デバイスにより、ダウンフォースは従来のP1 GTRが660kgだったのに対して、こちらは約800kgも発生させるという。また、大型化されたリヤ翼端板もMP4/4をオマージュしたものだ。

今回のビスポークモデルを担当した、マクラーレン・スペシャル・オペレーション(MSO)のマネージングディレクターを務めるアンサー・アリは、セナへのリスペクトを体現したP1 GTRの出来栄えに自信をのぞかせた。

「MSOにおけるオーダーメイドは、ほぼ無限と言えるレベルにあります。カスタマーの想像力を我々がサポートすることができるのです。2018年はアイルトン・セナがマクラーレン・ホンダMP4/4をドライブし、初じめてF1タイトルを獲得てから30年というアニバーサリーイヤー。ブランドの輝かしい歴史に敬意を表する機会を得られたことを心から嬉しく思っています。このプロジェクトはMSOにとって『愛の労働』、つまり、この素晴らしい仕事のために我々は労力を惜しみませんでした」と語っている。