【TOPIC】「マクラーレン720S スパイダー」をウェブ上で自由にパーソナライズ!

自宅がマクラーレンのショールームに。

先日開催されたマクラーレン・オートモーティブ主催のイベント「ウィンター・ボール(冬の舞踏会)」においてデビューした「マクラーレン720S スパイダー」。日本への導入が楽しみな1台だが、その前にウェブ上で自分好みのクルマをシミュレーションできるサービスが登場した。

マクラーレンが立ち上げた「THE McLAREN AUTOMOTIVE DIGITAL CONFIGURATOR」は、パスワードや事前登録などは一切不要。アクセスするだけでマクラーレン720S スパイダーを自由自在にカスタマイズすることができる。さらに、マクラーレンのショールームには4K大型スクリーンに映し出された3D映像でクルマをシミュレーションできる「McLaren Automotive Realtime Configurator」システムも用意されている。

マクラーレン720Sスパイダーには、新採用のベリーズブルーとアズテックゴールドなど、37種類のボディカラーが用意されており、ムラワイホワイト、パパイヤスパーク、マクラーレンなど、マクラーレンの歴史からインスパイアされた14種類のマクラーレンスペシャルオペレーション(MSL)カラーも選択可能。上記のコンフィグレーションサイトではクリックひとつでカラーの変更ができるだけでなく、異なるデザイナーのインテリアテーマ、カーボンファイバーフィニッシュなどのインテリアアップグレード、様々なホイール、エクステリアのオプションパーツなども試すことができる。

こちらはマクラーレンが提案するパーソナライズ例。ベリーズブルーのマクラーレン720Sスパイダーには、サテンダイヤモンドカットで仕上げた10スポーク軽量ホイールを装備し、シルバー加工のロゴブレーキキャリパーを使用。 その他にカーボンファイバーパック、カーボンファイバーディフューザー、カーボンファイバーフロントエアインテーク、ステンレススチールスポーツエキゾーストなどもチョイスされている。

一方、アステカゴールドを選んだこちらのマクラーレン720Sスパイダーは、ブラックのブレーキキャリパーにホワイトのロゴをプリント。カーボンファイバーパック、カーボンファイバーモノケージ、ステンレススチールスポーツエキゾースト、ダークパラジウムディフューザー、カーボンファイバーフロントエアインテークなどが選ばれている。

実際に自分自身の手でパーソナライズされたマクラーレン720S スパイダーは、FacebookやTwitterなどのSNSにシェアすることもできる。