【新車】CFRP製ハードルーフを備えたコペン・クーペが200台限定で登場。価格は2,484,000円〜

CFRP製のハードルーフを備えたダイハツ・コペン・クーペが200台限定で登場します。2019年の東京オートサロンに市販予定車として出展され、2019年1月11日(金)から専用ウェブサイトで商談希望者の募集を開始。なお、生産、納車は2019年4月以降の予定としています。

限定発売されるコペン・クーペは、「東京オートサロン2016」に出展されたコンセプトカーを商品化したもので、出展後に大きな反響があったそう。

ダイハツでは市販化への期待に応えるべく開発を推進し、コペン・セロをベースにCFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルの商品で、エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リヤエンドまでが一体となった流麗なエクステリアが見どころです。

ダイハツでは、現行モデルの発売5周年を迎える来年度は、コペンをさらに盛り上げるとしています。まずは「東京オートサロン2019」に、コペン・クーペに加えて、新たなテイストを提案する「コペン・セロ・スポーツプレミアムバージョン」を出展。

スポーツクーペである外観は、「エレガント&エモーショナル」をテーマに掲げ、ルーフからトランク、リヤエンドまでが一体となった流麗なエクステリアデザインが特徴です。

ハードルーフには、軽量で丈夫なCFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastic)素材を採用し、開閉式のガラスハッチから荷物の出し入れが可能。

グレードは1つですが、4つの仕様が設定され、MOMO製革巻ステアリングホイール(CVT車はパドルシフト付)を標準装備。

メカニズム面では、コーナリング時の安定性を高めるフロントスーパーLSD(Limited Slip Differential gear)をMT車に標準装備され、走行性能を向上させるとしています。

さらに、足まわりにはBBS製の鍛造アルミホイールを標準装備。世界初(視界領域への採用として。2018年12月19日時点。ダイハツ調べ)となる曇りにくいガラス(防曇コート付フロントガラス)のAGC社製「eXeview」を採用。

ほかにも、限定車としてシリアルナンバーが付与されます。なお、コペン・クーペ発売を機に、HKS社とのコラボレーションによるスポーツマフラー、サスペンションキットをディーラーオプションとして新設。

コペン・クーペの気になる価格は、CVTが2,484,000円、MTが2,505,600円。なお、ベースのコペン・セロの価格帯は1,906,200円〜2,127,600円。応募期間は、2019年1月11日(金)14:00〜2月11日(月)18:00。200台を超える応募があると、抽選になります。

(塚田勝弘)