【新車】ジャガー・F-PACEが2019年モデルにスイッチ。550ps/680Nmを誇る「SVR」を追加

ジャガー初のSUVで、ミドルサイズの「F-PACE」が2019年モデルにスイッチし、2018年12月19日から受注を開始しました。

F-PACEの2019年モデルは、全車にスマホと連動するコネクティビティ機能の「リモートプレミアム」「InControlアプリ」「プロテクト」「Wi-Fiホットスポット」の標準化が図られているのがトピックス。

安全装備もレーンキープアシストを標準化することで、利便性と安全性を向上。また、従来、オプションだったスエード・クロスヘッドライニングを全グレードに標準装備とするなど、インテリアのアップグレードも図られています。

同モデル最速仕様も追加。「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」が設計、開発を手がけた「SVR」は、F-PACE史上最速を誇るハイパフォーマンスモデルで同モデルにより、ラインアップは全14グレードになっています。

F-PACE SVRは、最高出力405kW(550ps)、最大トルク680Nm を発揮する5.0LのV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーを搭載し、最高速度283km/h、0-100km/h 加速は4.3秒を誇ります。トラクションとダイナミクスを最適化する「リヤ・エレクトロニック・アクティブ・ディファレンシャル(EAD)」をF-PACEで初搭載し、SVR専用にトランスミッションやアダプティブ・ダイナミクスなどの駆動システムが最適化されるほか、エアロダイナミクスや冷却性能、高速走行安定性に寄与する専用パーツが数多く用意されます。

エンジンラインナップは、2種類の2.0L直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ガソリンエンジン(最高出力184kW/250ps・最大トルク365Nm、最高出力221kW/300ps・最大トルク400Nm)に加えて、3.0LのV型6気筒ガソリンスーパーチャージャー(最高出力280kW/380ps・最大トルク450Nm)、5.0LのV型8気筒ガソリンスーパーチャージャー(最高出力405kW/550ps・最大トルク680Nm)、2.0L 直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(最高出力132kW/180ps・最大トルク430Nm)の計5種類。

価格は、直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン搭載車(全8グレード)が6,640,000円〜8,190,000円。V型6気筒ガソリンを積むF-PACE S (3.0L 380ps)が10,010,000円、V型8気筒ガソリンエンジンのF-PACE SVR (5.0L 550ps)が12,720,000円、直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン車は4機種で、6,560,000円〜7,480,000円となっています。

(塚田勝弘)