絶版旧車に500psの2JZ換装! ポルシェをも千切るMZ20ソアラのドリフトスペック!

シンプルなルックスの中に2JZ+フルタービン+NOSという強心臓をインストール

足やボディも手抜きナシ!

ストリート仕様としてシンプルな佇まいながら、どこかハクのあるスタイルに仕上がったソアラ。目指したのは、チャイルドシートを載せて家族サービスにも対応できるファミリーカー兼ドリフト仕様というものだ。

その外観は、フェンダーとのクリアランスに名刺が入らないほどの下げられた極低車高以外は極めてシンプルなメイキング。

これに対してエンジンルームはブルーとイエローでコーディネートされ、TO4Rシングルタービンを装着した2JZ-GTEユニットを換装。さらにNOSを併用してMAX500psまでパワーを高めて、アクセルを踏み込めば旧車らしからぬ加速を披露してくれるジャジャ馬に仕上がっている。

オーナーは生粋のドリフターでもあるが、絶版車であるこのソアラでポルシェやGT-Rなどの高性能スポーツをブチ抜く快感がたまらないという。根っからのバトラーというわけだ。

PHOTO:Hiroki Iwashima

燃焼室加工、ポート研磨、ハイカムなど、ひと通りのヘッドチューンが施された2JZに換装。耐久性を確保するため、コンロッドはH断面に交換される。また、サイドタンク式の大容量ラジエターやオイクークーラーは専用の電動ファンで強制冷却。

ツインターボも考えたが、パワーとトルクを両立できるタービンとしてビッグシングルのTO4Rを選んだ。ドリフトユースを考え中間域を重視したセットアップにされているが、さらにNOSを導入して低速トルクの底上げを図っている。

ボディの経年劣化が激しいため、不要なものはすべて排除しドンガラの状態にしてから徹底的にスポット溶接が施された。

名刺すら入らないほどの低車高とツラウチを追求しているが、各部とタイヤの干渉はなく走れるアシに仕上がっている。ちなみにキャンバー角は、ロアアームの加工によってフロントをネガ7度、リヤメンバーの加工でリヤはネガ5度に設定。フロントキャリパーはKスポーツの8ポット、リヤも日産純正キャリパーへとグレードアップ。

マフラーは柿本スーパーファクトリーにオーダーした2系統排気のワンオフ。片側は完全密封が可能な改造ECVバルブつきフルストレート(爆音排気)、片側はサイレンサー付き(ジェントル排気)のデュアルテールとなっている。車内でサイレント仕様と直管仕様を切り替えられる。

旧車のフェイスをキリリと引き締めるカットレスレンズのヘッドライトは外観のポイント。純正ライトからリフレクターパーツをキャンセルして製作したものだ。