【新車】ダイハツからコペン クーペが登場。200台限定でルーフはカーボン!

■東京オートサロンで初公開、ダイハツからコペン クーペが登場

2016年の東京オートサロンに参考出品されていたクーペスタイルのコペン(当時はコンセプトカー)がついに現実になります。

2019年の東京オートサロンにおいて、ダイハツは市販バージョンに仕上げたコペン クーペを展示することを発表。オートサロンの開幕に合わせて2019年1月11日よりインターネットの専用ページにおいて商談希望を受け付けることも発表しました。

市販されるクーペのベースに選ばれたのは丸目ヘッドライトの「コペン セロ」。そこにテールゲートとつながったCFRP製のハードルーフを装着することで単に屋根を固定したのとは一線を画す本格的なクーペスタイルを実現しているのが特徴です。

コペンの美点ともいえる実用的なトランクの使い勝手に影響はありそうですが、ガラスハッチは開閉式となり、荷物の出し入れはできるようになっています。また、世界初の装備として防曇コート付フロントガラスが標準装備となります。

走りの面では、MT車にスーパーLSDを標準装備。さらにMOMO製ステアリングやBBS製鍛造アルミホイールといったブランドアイテムによるクオリティアップも図られています。加えて、HKS製マフラーやサスペンションをディーラーオプションとして用意するなどチューニングについても考慮している点も注目でしょう。

ボディ×インテリアカラーは、ブリティッシュグリーンマイカ×ベージュ、パールホワイトIII×ブラック(2万1600円高)の2パターン。メーカー希望小売価格は、CVTが248万4000円、MTが250万5600円。販売台数は200台限定で、応募が上回った場合は抽選になるということです。

(山本晋也)