【新車】トヨタ・プリウスがマイナーチェンジ。内・外装を一新し、安全装備もアップデート

トヨタ・プリウスが12月17日にマイナーチェンジを受けました。賛否両論あったエクステリアデザインは、改良後も先進的なイメージを継承しながらも、親しみやすく、より知的で洗練された内・外装デザインに変更。

中でも「ツーリングセレクション」は、ブラックの幾何学調ルーフフィルムをオプション設定し、ボディカラーとの組み合わせを楽しむことができます。

エクステリアは、グリルやバンパー、ランプ類などの意匠が変更され、踏ん張り感のあるシルエットを実現。17インチアルミホイールは、樹脂加飾部にチタン調の塗装を採用。

15インチアルミホイールは、ツインスポーク形状による奥行き感のあるスタイリッシュなデザインとされています。ボディカラーには、鮮やかなブルーメタリックとエモーショナルレッドⅡを新たに加え、全9色を設定。

一方のインテリアは、インストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインにアップデートされています。

装備面では、専用通信機DCMが全車に標準搭載され、コネクティッドカーへと進化。クルマが人や社会と通信でつながることで、24時間365日、カーライフを充実させる様々なサービスが享受できます。

安全面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車標準化されたほか、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、注意を促すリヤクロストラフィックアラートを新たに設定するなど、安全、安心装備の拡充も図られています。なお、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良を受けています。

そのほか、フロントコンソールトレイ内に設置された「おくだけ充電(ワイヤレス充電)」のスペースを拡大することで、大型スマートフォンにも対応。さらに、背もたれ面と座面からシート表皮の熱気や、エアコンの冷風を吸い込むことで冷涼感をもたらす吸い込み方式のシートベンチレーションを前席に採用するなど、快適性も引き上げられています。

新型プリウスの価格帯は、2,518,560円〜3,478,680円。ウェルキャブは2,734,560円〜3,698,000円です。

(塚田勝弘)