トヨタ自動車の中国市場における「電動化」はパナソニック製バッテリーで

今後、急増が予想されている「電動車」。中国では大気汚染対策でEV、PHV、FCVを「NEV」(新エネルギー車)と定め、2019年に現地生産・販売台数の10%を「NEV」とする規制を導入、2020年に「NEV」率を12%に引き上げる計画になっています。

そうしたなか、トヨタ自動車が2020年に中国で発売するEVに、パナソニック製のリチウムイオン電池を採用する方針を固めたそうです。

新聞報道によると、トヨタでは2020年代前半に10車種以上のEVを中国やインド、日欧米で販売を予定しており、2020年3月を目処に中国で投入するC‐HR(イゾア)ベースのEVにはパナソニック製のバッテリーを搭載する計画のようで、同車がトヨタブランドで生産・販売するEVの第1弾となる模様。

パナソニックはトヨタのPHVにもバッテリーを供給、HV用はプライムアースEVエナジー(PEVE)をトヨタと共同運営しており、EV生産拡大時のバッテリー調達先では、CATL(寧徳時代新能源科技)が候補に上がっているそうです。

中国市場ではNEV規制により、2020年前後に外資系メーカーによる現地生産が加速。2030年には同国が世界最大規模のEV市場となり、欧州やインドでもEVシフトが強まると予測されており、自動車各社においては「バッテリー調達」が今後のEV化における最大の課題になりそうです。

Avanti Yasunori