【週刊クルマのミライ】新型スープラはモータースポーツでプロモーション、東京オートサロンでは2台のレーシング仕様が出展される!

■日米のスープラ・レース仕様が東京オートサロンで見比べられる

トヨタのみならず、国産モデルとしては久しぶりのスポーツカーとなる新型スープラが話題です。2019年になれば、アメリカ・デトロイトショーにて詳細が明らかになるはずですが、デトロイトの開幕直前に開催される東京オートサロンでもスープラは存在感を示す模様。

トヨタ「GAZOO Racing」ブースにて『GRスープラ スーパーGTコンセプト』を出展することはシルエット画像と共に発表されていますが、スープラの出番はそこだけではありません。グッドイヤーのブールでは2019年シーズンからアメリカ・NASCARシリーズに参戦するスープラが展示されることも明らかとなりました。

すでにNASCARマシンがスープラに変わることは公表されていますが、スーパーGTとNASCARという日米のハコ車レースに出場するであろうスープラを見比べることができるのは貴重な機会となりそうです。

■新型スープラはヨーロッパのモータースポーツでも活躍するか?

NASCARにしろ、スーパーGTにしろ、市販車の面影を残したボディカウルであって、その中身は市販車とは別物なのですが、デビュー年からモータースポーツによってスープラをプロモーションしようという積極的な姿勢は伝わってきます。

それぞれメインターゲットとしている市場でしょうから、モータースポーツへの参戦は欠かせないということなのでしょう。もちろん、日米でのモータースポーツ参戦だけに終わるとは思えません。

ご存知のように新型スープラはBMWとの共同開発で、製造はBMWが担当します。それが、欧州でのモータースポーツ活動の制限になるという見方もあるかもしれせんが、逆に欧州で活動しやすい素性を持っているとも思えます。とはいえ、2019年のニュルブルクリンク耐久レースにはレクサスLCでの参戦を発表していますからスープラの出番はなさそう。

むしろ2019年に予定されているスーパーGTとDTMの交流戦での活躍はリアルに予想されるところでしょう。そのほか、ル・マンに代表される世界耐久選手権や主にジェントルマンドライバーが乗るGT4カテゴリーなどプロモーションに有効なカテゴリーへの展開も期待したくなります。

(山本晋也)