ロータス初SUVの基盤モデルか? ボルボベースのクーペSUV開発車両を激写

英・ロータスは、初のクロスオーバーSUVを開発していると見られますが、その基盤となり得る開発車両をカメラが初めて捉えました。

目撃したプロトタイプは、ボルボやロータスを傘下に持つ、中国・吉利汽車(ジーリー)が展開するブランド「Lynk & Co」の新型クロスオーバーSUVです。同ブランドは、SUVの「01」、クロスオーバーの「02」、セダンの「03」を発表していますが、現在開発中のハッチバック「04」に続く第5のモデルとなります。

望遠、かつカモフラージュは厳重ですが、ボンネットのエッジが上向きにカーブしている点、長方形のグリル、ヘッドライトユニットの配置などから、「01」をベースとしたクーペSUVと予想されます。またリアウィンドウの面積は大きく、強い傾斜にツインエキゾーストパイプを装備し、かなりスポーティなデザインが見てとれます。

注目はプラットフォームです。この新型SUVにはボルボの「SPA」を採用している可能性が高いです。先に述べたロータスSUVも、この新型SUVも「SPA」を採用すると予想され、今回捉えたプロトタイプが、ロータスSUVの基盤となり、兄弟車になる可能性が予想されます。

パワートレインはまだ不明ですが、Lynk & Co、ロータスともボルボの「Drive-E」ハイブリッドを搭載も予想されています。ワールドプレミアの予想ですが、「01クーペSUV」が2020年、ロータスSUVは2021年に期待されます。

(APOLLO)