ランボルギーニ・カウンタックが現代に蘇った!? 「2018コンセプト」vs オリジナル

ランボルギーニ「カウンタック」が現代に蘇ったら……CGデザイナーのJimmy Nahlous氏がSNSで提案しています。

今回同氏が公開した「カウンタック2018コンセプト」は、「LP400」をほぼ同じルックスに再現しつつ、ヘッドライトをリトラクタブルライトから固定式ヘッドライトに。テールライトのアウトラインをLEDで囲っています。また5つの丸い穴を持つホイールは、1985年の「カウンタック クワトロ・バルボーレ」と同型になっています。LP400と並べた2ショットでは、その進化が見てとれます。

「カウンタック」は1974年に発売され、その後80年代にかけて日本におけるスーパーカーブームの火付け役となった伝説のモデルです。跳ね上がるガルウィングドアや日本車では見られなかった華麗なボディシルエットを特徴とし、V型12気筒エンジンを搭載。最高速度は300km/hと伝えられました。

これまで、復活の噂もありましたが、実現にいたっていません。しかしそのデザインの一部は近年の「ウラカン」や「アヴェンタドール」にも継承されています。当時のカウンタックを、これだけ忠実に蘇られさせられる、コアなファンも納得するです。

(APOLLO)